03-6909-1218

初診相談時間 月~金 9:30~17:00

院長・スタッフ紹介

院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長・理事長
高野 洋輔
こころの不調は、調子がすぐれないほど外出が大変になったり、どうしたらよいのか決めることが難しくなったりと、医療機関に相談することすら難しくなってしまうという特徴があります。誰にも相談できず、ご家族も困り果てているうちに、つらい時間が長引いてしまう方々が少なくありません。

もう少し早く支援を受けることができていれば・・・と思う中で、精神科アウトリーチと呼ばれる訪問型支援を知り、診察室から地域に出て、診療を行うようになりました。しかし、医師による面接や薬物療法だけでは、ご本人やご家族が抱えておられる生活のしづらさの解決には不十分だと感じます。そこで、多職種支援という様々な専門職がチームを組んで支援する方法が、今注目されており、私たちも積極的に取り組んでいます。

こころの病とともに生きる方々に、より良い支援をお届けすることができるよう、地域の関係機関の皆様のご協力を頂きながら、引き続き取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【経歴】

平成16年 新潟大学医学部医学科 卒業
平成24年 東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻精神医学 修了(医学博士)
精神保健指定医・精神科専門医・精神科専門医制度指導医・認知症サポート医
東京大学医学部附属病院 非常勤講師 世田谷区医師会在宅医療委員会委員


担当医師紹介

高野 洋輔 (常勤)  /  伊勢田 堯 (非常勤) /  夏堀 龍暢 (非常勤)
星野 俊弥 (非常勤) /  石田 匡宏 (非常勤) /  西田 哲 (非常勤)

看護師

ご本人が抱えている不安や悩みについて一緒に考え、夢や目標に向かって新しい一歩が踏み出せるように、訪問看護ではご本人やご家族の生活の場で、その方の「価値」に寄り添った支援を心がけています。

心身の健康状態の確認や身体ケアだけではなく、看護の視点を活かした地域の関係機関の皆さまとの連携にも力を入れています。

慣れ親しんだ地域での生活をサポートできるように今日も頑張ります!

作業療法士

訪問先でのリハビリテーションは、自宅や地域という生活の場で実施できることが大きな特徴です。ご本人の興味や関心にフィットしたプログラムを考えたり、生活環境へのアプローチを行います。

狭い意味でのリハビリテーションだけではなく、ご本人の人生の回復、すなわちリカバリーが達成されることを願いながら、その理論的・実践的基盤として、生活臨床を取り入れています。
他の専門職といっしょにディスカッションを行うことでより良い支援ができるように日々取り組んでいます。

これからも、当事者の方との共同創造(co-production)でリカバリーの実現を目指して伴走していきたいと思います。

精神保健福祉士

入院から在宅生活への移行、各種支援制度やサービスの紹介、利用手続きの調整等、ご自宅で安心して生活することができるように、お手伝いをしています。また日常生活での困りごとについても相談に乗ったり、一緒に取り組んだりしています。

関係機関との連絡調整なども含めて、いつもご本人様の視点に立ち、医療と地域生活の架け橋となることができるように心がけています。

ご心配なことがあればお気軽にご相談ください。

医療事務・診療介助

訪問スケジュールの連絡・調整、カルテや紹介状などの各種医事文書の管理、診療報酬に関する業務などを行っています。

訪問診療の場面では、医師の診察の介助だけではなく、医師からの指示やご本人・ご家族からのご要望を速やかにスタッフと共有するなど、チーム医療の一員として支援を行っています。

お電話を頂いた際には、患者様、ご家族にいつも寄り添った対応を心がけています。各種お手続きや診療の相談など、お気軽にお電話ください。