03-6909-1218

 kokoro.setagaya@gmail.com
初診相談時間 月~金 9:30~17:00

ブログ

ブログ

2022/06/18

悩み事でいっぱいな心を整える方法【マインドフルネス】

このブログでは、助産師、精神科ナースを経て、公認心理師から、皆さんにお役に立てる事をお伝えできたらと思っています。ご参考になれば幸いです。

今日はマインドフルネスという心のスキルをお伝えします。

✔️マインドフルネスとは
マインドフルネスとは、自然に浮かぶ考えや感情に「良し悪し」の判断をせずにただ単に「〜〜なんだな」とありのままの気づきを、受け止めていく方法です。「今、ここ」に注意を向け、マインド(心)をフル(めいいっぱい)に使います。

✔️マインドフルネスの効果
悩んでいるときには、そのことで心がいっぱいになってしまい、他の事に意識が向きづらくなります。
心配しても仕方ないことを、心配しすぎてしまったり、既に終わった過去のことを永遠に考えてしまうような、1人反省会をしていませんか。
また、過去の嫌な思い出がフラッシュバックしてきて、心を支配されてしまうこともあるかもしれません。
一見、それが自分に必要な考えに思われる事でも、自然に心がとらわれてしまうことで、自分を苦しめてしまうことがあります。

そんな時に心を整える方法してマインドフルネスが有効です。

✔️マインドフルネスのやり方
自分の考えや感情に「良し悪し」の判断をせずにただ単に「〜〜なんだな」とありのままを受け止めていきます。

私たちの得る情報量は、目から見てるものが最も多いため、視覚を使ったマインドフルネスが最初はお勧めです。
心が反すう思考で苦しい時、悩んでいることを少し横に置いて、目に見えたものを言葉にしていきます。「空が見える、青い、雲がある、雲がたくさんある、雲が動いている、鳥がいた、草がある、草が多い。」こんな感じです。最初は実際に言葉に出してみるとよいでしょう。

他にも、食べている時の味に注意を集中して、味わうマインドフルネスは、食べながら、その味や食感を言葉にしていきます。
また、触れたものの感覚を言葉にしていくマインドフルネスや、呼吸に集中する方法など、色々な方法があります。

また、イメージのマインドフルネスの方法があります。
川をイメージして、そこに流れる葉っぱに、自分の考えや感情を乗せて、流れていくイメージをします。
最初は言葉の葉っぱでいっぱいだった川が、そのうち、さらさらキレイな水の川になるといいですよね。イメージの中で気持ちや感情を流していきます。

✔️マインドフルネスを上手く出来ない時
ただ、私たちは気がそれやすく、簡単に集中し続けることができません。短時間でも集中してマインドフルネスをするには、やはり練習が必要です。
最初は簡単に気がそれてしまうので、「気がそれやすいものだ」と気がそれたことに気づき、またマインドフルネスに集中するよう意識を向けていけばいいのです。
練習をしているうちに、少しづつ、長い時間を集中できるようになってきます。
カウンセリングでは集中するため、音楽を聴いて、ある特定の楽器の音だけを集中して聞くようにするような、注意シフトトレーニングをする事もあります。

自分の気持ちをそのまま受け止めて、心をフルにつかって、気持ちを穏やかにするマインドフルネス。
ご自身にぴったりな方法を見つけて、実践してもらえたら嬉しいです。
辛い時だけではなく、元気な時から練習しておくと、辛い時に良い効果を発揮しますよ。

ご自身では対応が難しいと感じる時は、お気軽にカウンセラーまでご相談ください。
こころのホームクリニック世田谷の「お母さんのためのカウンセリング」では、”お母さん”の皆様のご相談をお待ちしております。

おすすめ記事